海外オヤジの読書ノート

中年おじさんによる半歩遅れた読書感想文です。今年は世界史と英語を勉強します!

2020-06-04から1日間の記事一覧

元外交官による国際政治の読み方。でも一般的には陰謀論か―『国難への正体 世界最終戦争へのカウントダウン』著:馬渕睦夫

本の概要 元ウクライナ大使の馬渕氏によるグローバリズムへの警鐘とその背後の存在を明らかにする意欲作。プレジンスキー(政治学者、カーター政権の大統領補佐官、ユダヤ人)、キッシンジャー(政治学者、ニクソン・フォード両政権で指揮、ユダヤ人)、グリ…

海外オヤジの読書ノート - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村