海外オヤジの読書ノート

中年おじさんによる半歩遅れた読書感想文です。今年は会計と英語を勉強します!

こわっ、もしあなたの目の治療が間違っていたら?ー『やってはいはいけない目の治療』著:深作秀春 

 

目は大事です。

寝っ転がって本を読んだり、暗いところでケータイをいじって親や家族に怒られたりしたことが誰にでもあるのではないでしょうか。

 

私も、『目が大事』と言っても、知識として理解しているだけでした。

しかし、30歳頃に網膜剥離にかかり考えは一変しました。失明の可能性があるといわれました。入院し、手術も受けました。当時は子供が生まれたばかりで、子供の成長を見届けられない体になったらどうしようと心底嘆きました。

幸い、事なきを得て失明せずにすみましたが、それ以来、目が大事だということは身をもって感じています。

 

ところが、そんな大事な目の治療を間違って行われていたら、あなたはどうしますか?

 

筆者は眼科の開業医で、現在の数々の眼科治療の非常識について一刀両断しています。眼球体操で目はよくなるとか、ブルーベリーは目を良くするなどといったいわゆる都市伝説的なトピックから、白内障治療の常識、緑内障治療の一般的処置、大学病院という組織、一つ一つの通説に反駁を与えています。

 

こうしたものを読むにつけ、つくづく自分は人を信じやすいと反省しました。

 

もちろんこの著者自身についても安易に信じてはならないのかも知れませんが、少なくとも大学病院のようなムラ社会に生きる医師と比較したら、信頼できるのではと私は思います。

Doctor Xとか大門美知子とかの世界はフィクションとはわかりますが、あのような内向き組織構造は相応に現実に起こっている(起こっていた?)ものと想像できます。時に組織は、顧客を利するよりも組織そのものを利する行動をすることがあることは、会社勤めをしている方ならなら実感できるかと思います。

 

 

あなたは目の病気・けがをしたら、誰を信じますか?

もしあなたの周りで目で悩んでいる人がいたら、どういうお医者様をおすすめしますか?

 

もしこうした問いに対する答えをお持ちでないのなら、一度読んでみてはも悪くはないと思います。

評価 ☆☆☆

2019/11/14

やってはいけない目の治療 スーパードクターが教える“ほんとうは怖い”目のはなし

深作 秀春 KADOKAWA 2016年09月24日
売り上げランキング :
by ヨメレバ
海外オヤジの読書ノート - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村