海外オヤジの読書ノート

中年おじさんによる半歩遅れた読書感想文です。今年は会計と英語を勉強します!

1000年前のナンパ日記!?でも音読がおすすめ―『伊勢物語』編:坂口由美子


f:id:gokutubushi55:20200717200935j:image

中三の息子に伊勢物語くらい読んどけよと、一緒に勉強する為にと買ってみたのですが、先ずは親が読んでなきゃ強いこと言えねえな、と音読もしつつ読んでみました。

 

メインは色男 在原業平のナンパ物語

100篇以上の小話からなる伊勢物語ですが、メインのお話は、当代きっての遊び人の在原業平の恋愛話です。多くの女性と関係を交わしていく様子が和歌と共に綴られています。業平が成人式を迎えたところから老境に入り死に至るまでが描かれており、さしずめ、やさ男の一生涯といったところかと思います。

 

子供に読ませられないほどのエクストリームな業平氏

さて具体的な恋愛(と言っていいのかな)の内容ですが、結構やばいです。

平安時代は、通い婚姻だし、ってか重婚ということだし、夜這いはあるし、作中で業平は好きでもない人ともエッチしちゃうとか、かわいそうだからって白髪の老女とあれのこれのしちゃうとか、気持ちが受け入れられず呪ってやるとか。。。まあ冷静に見れば現代社会でも似たようなことはあるのかもしれませんが、なかなか激しい。。。

もともと中三の息子に音読でもさせっかと思いましたが、ちょっと保留にしておくことにしました。わざわざアブノーマルな恋愛を教えなくてもいいかと。

 

坂口氏の解説で面白さ倍増!

なおこうした内容の面白さが実現されているのは、編者の坂口氏の解説によるところが大きいと思います。現代語訳が分かりやすいのはもとより、時代背景の説明が秀逸です。ある業平の恋愛が阻まれる理由に、摂関政治を推し進める藤原氏の影響がある(相手が藤原氏の娘であったため、天皇外戚になるべく娘を利用するため、業平との恋愛を許さない)とか、教えてもらわないと分かりませんでした。また惟喬親王と業平が親しい理由に、天皇の世継ぎとなれなかった親王天皇家の血筋ながら政治の中心で活躍できなかった業平との共通点を見出すなど、こうした解説が話を立体的に把握させてくれます。

 

おわりに

かつては古典なんて、『めんどくせえ』とかしか思わなかったけど、年を取って読んでみると古典は存外に面白い。特に音読してみると不思議にリズムがしっくりきます。是非口ずさんでみてください。

あくまで物語ではあるものの、1000年前の平安の日常や恋愛事情の一部が垣間見え、非常に面白かったです。

 

評価 ☆☆☆☆

2020/07/05

海外オヤジの読書ノート - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村