海外オヤジの読書ノート

中年おじさんによる半歩遅れた読書感想文です。今年は世界史と英語を勉強します!

内容に新味はない陰謀論も、時宜にかなう考える材料に―『医療殺戮』著:ユースタス・マリンス 訳:天童竺丸 監修:内海聡

以前読んで驚きと共に妙な感激(“そうだったの?知らなかった!的な”)を覚えた陰謀論。コロナ禍の下、改めてどんな内容であるか確認したく再読してみました。

 


f:id:gokutubushi55:20210722234002j:image

 

再読後の感想は、イマイチ微妙、という感じです。

医療をはじめ社会に溢れる欺瞞を暴いて見せているのですが、真実かどうかは別として一部周知のものも散見されます(アルミの鍋の話、フッ素の話とか)。啓発・暴露という点では価値はあるかもしれませんが、内容に新味はなく、この手の話はキリがないという感を受けました。

 

・・・

 

本作は題名にインパクトがありますが、原題はMurder by Injectionであり、殺人注射、とでもいった直訳もできます。米国医師会AMAの金もうけ体質から始まり、がん産業、予防注射、フッ素の人体投与、エイズにまつわる話、化学肥料の使用や有害化学物質について等々と多岐にわたります。

 

本作で一番まじかと思ったのは、戦争(第二次世界大戦終結とともに積みあがった在庫の処分のために、塩素を水道水に、そして硝酸塩を化学肥料に転用したというくだり(P.324)。事の真偽は分かりませんが、一部の効果があることを良いことに有害な物質を押し付けるやり方はありえると感じました。

 

その他、医師会やがん協会が患者の為ではなく自己のために存在するというのはありがちな話で、金融業界が資金・人材を投入してコントロールしているというのもまあある話だとは思いました。筆者の一貫した主張です。

 

lifewithbooks.hateblo.jp

 

 

おわりに

おわりに。こうした一部極端な話は丸ごと信じるのではなく、気になる部分を自ら確認する形で検討する程度が良いのかと思います。

何となく日本人は政府や大企業・マスコミを信じすぎるのだと感じます。その点ではこうした本で物事を疑う姿勢を学びたいと思います。極端で嫌いな人もいるかと思いますが、お上が信じづらい時代ですので、一つ頭の体操程度に読むのは悪くないと思います。

 

評価 ☆☆☆

2021/07/16

 

医療殺戮

医療殺戮

Amazon

 

監修の内海医師による告発本はこちら。だいぶ挑発的な書きぶりです笑

希望の書か絶望の書か?-『医者とおかんの「社会毒」研究』著:内海聡 - 海外オヤジの読書ノート

ちなみに内海氏の著作は個人的に結構すき。Amazonレビューでは猛烈な批判も。
実は「生き方」を問う本-『医学不要論』著:内海聡 - 海外オヤジの読書ノート

コロナ禍の今、全てを信ぜずとも一読の価値あり―『ワクチン不要論』著:内海聡 - 海外オヤジの読書ノート

本作著者マリンズ氏の "陰謀論 of 陰謀論"はこちら。
陰謀論色濃すぎて。。。-『カナンの呪い 寄生虫ユダヤ3000年の悪魔学』 - 海外オヤジの読書ノート

 

 

海外オヤジの読書ノート - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村