海外オヤジの読書ノート

中年おじさんによる半歩遅れた読書感想文です。今年はセカンドライフとキリスト教について考えたく!

相続テクニック+相続争い回避の策 |『損しない!まるわかり相続大全』秋山清成

今年で83となった父親。

先日床屋行くと数カ月ぶりに外出し、4時間くらい徘徊して帰宅。

また、ここ数週間は急激な食欲と甘党デビュー(これまでスイーツ嫌い)に至り、食後に果物やスイーツの置き場をうろついたり、夜中おきて冷蔵庫を漁ったり…ってこれが娘がネットで調べた認知症の症状にドンピシャ。

遠からぬ将来のことを考え、さっくり分かる本を購入するに至りました。

 

はじめに

相続税についての勉強はAFP/CFPの取得時に概ね勉強したため、本作の内容は私にとっては言わば復習に位置づけられるものでした。

他方で、相続税の概要は知っていても「相続」全般についてはやはり素人。そうした意味で本作は意義があったと思います。

 

本書のよいところ

税金を軽くするという観点でAFP/CFPでの勉強でよく出てくるのは、①小規模宅地等の特例を利用し土地の評価を8割減させる、②生命保険の非課税枠(500万円×法定相続人)の有効活用、という二点ではないでしょうか。

 

本書の良いところは、こうしたポイントを優しく押さえつつ、国税で働かれていたという実績と知見でプラスアルファの情報を付加していることだと思います。なかでも、「相続争いを起こさないために、遺言書の草案の読み聞かせをする」(P135)を指摘したこと、二次相続を見越した相続プランを考えること(P.152)、そして「第七章 税務調査」の章で、どういう案件で税務調査が行われるか、を赤裸々に語っていたことだと思います。

 

話し合いによる心の準備

人の死によって引き起こされる相続ですが、なにぶん家族の死がトリガーであるため、そしてその財産にかかわる話であるため、話すのに非常に気まずい。話しづらい。

でも、本書でもある通り、分割内容を言いきかせる・家族で話あうということは(遺言書を残すかどうかにかかわらず)、準備としては非常に大事だと思いました。要するに心の準備と、相続人の納得感の確保です。

 

ちなみにうちの場合、父は半ボケ、母は外面がよくすぐに隠蔽する、姉は遠方に住んでいる、そして私は外国に住んでいる。これではいざというときに、事実確認と財産内容把握、その後の分割云々で仕事どころではなくなってしまいそうです。

 

私が海外を根城にする一方で、子どもたちは私の両親の家に住まい通学する現状を考えると、私自身がどうでも良いとしても、子どもたちの日常を(少なくとも学生である間は)確保してやらねばなりません。また仮に相続税を払うとして、そうした金額についても準備しないと払えませんし(学費で手元キャッシュフロー激薄)、そうした計算を概算する機会を与えてくれた点は本書に感謝です。

 

いずれにせよ、親と共に財産の処分の方針について話しておくこと、嫌だけどやはりこれが相続における重要な(ある意味税金額よりも)ポイントだと感じました。

 

そのほか

他にも節税のテクニックやどういう申告に税務調査が入るのか等々あり、嘘や不正はしないものだなあとつくづく感じました。

 

おわりに

ということで相続の本でした。

類書は多くある中で本書を手に取りましたが、なかなかわかりやすかったと思います(他は知らんけど)。

相続税は残された人が払うため、死んだ本人が気にしないというのが難しいところです。子どもに迷惑をかけないと嘯く親は多いのですが、お墓だけに限らず、財産処分についてもある程度の年齢から準備するのが良いのでしょうね。

 

あと、子ども(相続人)の配偶者というのも、相続話がもめる時の重要なファクターではないかとひっそり考えていますが、そういう下世話なことには筆者は言及されておりませんでした。

 

評価 ☆☆☆

2024/05/23

猫のトムとサレ男公務員「僕」が国を救う!? |『夜の国のクーパー』伊坂幸太郎

 

皆さん、こんにちは。

 

突然ですが、本当にタイトルのつけ方が無粋でセンスがなくって申し訳ないです。

作品は実に面白かったのですが、吹けば飛ぶようなわずかなセンスでタイトルをつけて、こうなりました。

そろそろAIを使わなきゃですかね。

 

ただ私、つい世の中の流れと逆行したくなるんですよねえ。。。

 

はじめに

伊坂氏の作品をこれまで大分読み進めてきました。

初期のものから22作読み進め、これで23作目。

本作は2012年の作品。2000年の「オーデュボンの祈り」はじめ初期の疾走感に満ちた雰囲気から考えると、大分落ち着いた筆致かなと感じました。

とはいえ、洒脱さや奇想天外感は今回も健在で、十分堪能させていただきました。

 

止められない・止まらない疾走感

本作、いい意味で切れ目がありません。

目次も章立てもなく、途中途中で猫のマークで節のストップがあるだけ。トム君がメインキャストですからね。

 

また構成も、三つの場面を行き来します。

一つは猫のトムが語る、彼がいた国が鉄国に占領される状況。一つは猫のトムと、仙台の公務員の「僕」とが会話する場面。そしてもう一つはクーパーの兵士が遠征に行く場面。

 

時代や状況がかなり異なる上、断片的な情報のみが与えられるため、欠けた部分を埋めるべく初めは読み進めました。そして、その埋まる部分が増えていくにつれ、今度は三つの場面の繋がりが分かってくると、物語の全体像が見えてきて、これまた気持ちよくて止まらなくなる。ミッシング・パーツをもっと埋めたくて、展開を知りたくて、更にページを手繰る手を止められなくなる。

この読ませるテクニックも伊坂マジックと言えましょう。

 

寓話的な通底音:信じてみる事、理性を鍛えること

もう一つ。

伊坂作品では、何というか、人間の良き部分に信念のある性善説的なキャラづくりが物語を方向づけている部分があると思います。

 

今回でいうと、猫のトム。本能から鼠に飛びかかってしまうのですが、おのが国を占領される最中に<中心の鼠>から、今後鼠を狩ることをやめてほしい旨、団交を申し出される。

鼠たちは狩られるリスクを冒して猫のトムに賭けたわけですが、その態度はトムをして

「疑うのをやめて、信じてみるのも一つのやり方だ」(P.300)

と語らしめます。

 

この信じることの可能性は、パッとしない仙台の公務員「僕」が、浮気した妻を今後信じてゆくかどうかという事で一つの道を示しているように思います。

難しいことではあるのでしょうが、そこを敢えて信じてみるのは、文字通り一つのやり方であり、そういう生き方もあっていいんだと思います。

 

また猫のトムが、本能から鼠にとびかかりたいのを少しづつ押さえていく様。これもまた理性の可能性を寓意的に示しているようにも思えました。

 

ああ、うまく表現できないのですが、伊坂氏はこういう「人の力」みたいなのを本当に上手にストーリーに練りこんでくるのですよ。で、私はこういうのが好きなんです。

 

ちなみにトムは猫ですが、まあ喋って考えることができるという時点で既に人と同等ですよね。

 

おわりに

ということで伊坂作品を堪能しました。

未知なるクーパーと戦う+国中を塀で巡らす、という当初の描写で、すわ進撃の巨人か、と思わせましたが、全きツイストに私の予想は見事外れ、思っても見ない結末となりました。あっぱれな結末。

 

戦争敗北・政治(王族)腐敗というひんやりした設定は、「魔王」や「モダンタイムス」などにみられるファシズム的ネガティブエッセンスと通底しますが、本作はそうしたひんやり風味を残しつつ、どこか明るいユーモラスさが漂うエンターテイメント小説に仕上がっていると感じました。

 

評価 ☆☆☆☆

2024/05/23

常野物語だけど、どちらかというと青春小説か

皆さん、こんにちは。

週末に同じ学年の高校の部活仲間の墓参りに行ってきました。

 

そいつが逝って、もう四人しか部活仲間がいないのですが、気づくと皆、なかなか色々だなあと。

亡くなった奴は子どもと嫁さんを残して自死。コロナ中ということもあったけど、色々辛かったのかな。

残った部員仲間その一は、当時18歳と14歳の子どもを連れて離婚、その後再婚し、向こうの連れ子と併せて5人家族。更に昨年子供が生まれて今や6人家族。70歳まで本気で働くそう。

残った部員その二は、バツ2子なし。私が日本にいるときは転勤族だったのですが、色々あったらしい。このまま現状維持とのこと。

残った部員その三は、40過ぎの晩婚。共働きで子どもは一人。新作の予定はなしとのこと。

残った部員その四(わたし)は、一男(大学生)一女(高校生)と専業主婦の妻を持つ窓際族。嫁が外人ということと海外を拠点としていることを除けば、私が一番伝統的な家庭の持ち方をしているかもしれません。

 

人とは違う生き方みたいなことはほんのり意識していましたが、一周回ってありがちな生き方なんですかね。まあ他人からの評価・見え方は意識して生きていませんが。。。

 

はじめに

恩田陸氏による常野物語シリーズ第二巻。本シリーズでは、常野と呼ばれる特殊能力を持つ一族の活躍や生き様が描かれます。

 

あらすじ

時は新世紀(20世紀…1900年)初頭。とある田舎の村で周囲を取り仕切る槙村家。その槙村家にいる末娘聡子様にお仕えすることになった、中島医師の娘の峰子。この峰子が老いたときに在りし日を回想する形式で、槙村家で起こった超常現象と悲劇について描いたもの。

 

むしろ青春小説!?

常野という特殊能力をもつ方々が出てくるので、まあ超常現象系の事件がクライマックス。ただね、何ていうんだろう、峰子の聡子様へ女子高的憧れやその聡子様の恋心、槙村家の屋敷に集う風変りな方々の描写など、峰子の青春の一ページを切り取ったかのような描写が太宗を占める印象。

 

割と淡々と進んでいき、クライマックスが過ぎると途端に現代に戻るのは、まるであり得ない夢を見ていて突然目が覚めたかのようでもありました。

 

あっさりとしていますが、ホントそんな感じ。

 

おわりに

ということで恩田氏の常野物語第二弾でした。

本作は超常系<青春系みたいな感じで、少し肩透かしを食らった印象。個人的には派手に超能力かましてほしかったかな。

第一弾・第二弾と読んだので第三弾もいずれ読みたいと思います。

 

評価 ☆☆☆

2024/05/19

戦前戦中の朝鮮半島での一日本人のオーラル・ヒストリー |『私が朝鮮半島でしたこと 1928年-1946年』松尾茂

皆さんこんにちは。

本作は以前からwish listに入っていたものです。

Amazonで中古のものを買ったら、カバー無しの本が送られてきました。

文句を言うのも面倒で、結局そのまま読みました。内容は良かったですけどね。

 

 

右翼的発言に辟易

巷やネットで嫌韓論とかアジア蔑視みたいな話・記事を目にするとため息が出ます。

同様に、中国や韓国の国粋主義的な若者の発言が切り取られてニュースになっているものも同様。

 

日本人という事だけで、全て否定されるのか?

 

アジアの女性と結婚して以来、こうした「国籍」ということを考えるようになりました。

 

子どもたちは日本の血が半分は言っているからといって、前の世代の責任を負うのか?あるいは血の交わり具合(50%)だけ責めを負うのか。

反対の立場であったら自分も同じように他国の人をその国の人間というだけで判断するのか?

 

やっぱり違う気がするねえ。

 

こういうことを考えていると国籍で判断する・されることが実にナンセンスに感じられるようになったわけです。良い国にも悪い奴もいるし、逆に治安の悪い国・評判の悪い国にも仁徳・人徳のある方はいらっしゃるだろう。

 

つまり数例をみて演繹的に物事を判断する(ネット・マスコミは得意)のは違うんじゃないか、と。人は個々人で・を判断した方が良いのではないかと。

 

結局、オリンピックすら素直に見れなくなりました。国別で応援するスポーツイベントは大抵の物事については興味が無くなりました。まあ外では振りはしますが。

 

歴史の価値、オーラルヒストリーの価値

右翼や国粋主義的な若者たちの排外主義的な考え方の根本は良く分かりませんが、やはり歴史認識が自分とは異なるのでしょう。

彼らの考えは分かりませんが、自分自身歴史を改めて学ぶ以外に自分の取り得る武器はないのではないかと思うようになりました(別に戦っているわけではないけど)。

 

教科書的な歴史は当然の事ながら、それだけが正であるとも言い難い。というか、人の見方や感じ方は一様ではないのに、教科書はそれを一行二行で表現してしまう。それは実は乱暴なことなのだと思います。

 

そのような時、本書のような個人的体験談、オーラルヒストリーの価値が輝きだすと思います。

 

やっとこさ著作の内容

著者は戦前戦中と土木工事に従事し、朝鮮半島で橋梁や土壌改良を行ってきたそうです。その過程では多くの韓国人と仕事をしたとのこと。

当然日本は韓国を併合した後のことで、日本人が韓国人を従事させるという上下関係があった模様です。ただし、内容を見るに、かなり公平に韓国人・朝鮮人と付き合っていたようだし、戦後に苦しめられたのは朝鮮人からというよりロシア人からのようでした。朝鮮人から逆襲されたことはなかったとのこと。まあ内容を信じるとしてね。

 

これを読んで、かつて戦前戦中に日本人が韓国で悪いことをしたわけではない、とは言えないものの、普通に生きていた・ともに生きていた人もいたという傍証になればよいなと思いました。戦後半世紀以上が経った段階で執筆された経緯も、そのような思惑が筆者にもあったのではないか、とふと思いました。

 

おわりに

ということで松尾氏による朝鮮半島での工事日誌的な個人史・オーラルヒストリーでした。

一事例として非常に興味深い著作でありました。

 

評価 ☆☆☆☆

2024/05/18

麻之助シリーズ第二弾。結婚しても相変わらずの名探偵ぶり!? |『こいしり』畠中恵

皆様、こんにちは。

最近忙しくて、アホ、クソ、死ね等、子どもに注意する義理を損なうような言葉を吐き捨てつつ仕事をしております。

リモートなので、起きたら仕事、ずーっと仕事、気づくと夜ご飯、みたいな生活。期限ものが多く朝ごはん抜き、昼ご飯抜き、たまにクッキー一枚、みたいな不健康な食生活。部下には育ってほしいのですが、時間と仕事に追われてなかなか手が回りません。

この部下も、教えると忘れる、メモを取ると以前書いた部分が分からなくなる、エクセルを触ると関数を壊す(数字をペーストする)など、なかなかな才能の持ち主。自分もついこの前までそうだったのですが、強敵が現れたって感じです。部下を育てる系の本をまた数冊ぽちりました。

 

ひとこと

畠中さんの作品は二冊目。シリーズものの第二弾ですが、今度も面白かったです!

今回も麻之助が大活躍します。

 

主人公麻之助のギャップがよろしい。

本シリーズの良さは、何といっても主人公麻之助のギャップ萌え的な魅力なのだと思います。

 

町名主名代として、奉行所にあげるまではいかないものの、長屋など町民同士では解決できないようなもめごとを裁定する。

 

16歳のふとしたことから真面目をどこかに落としてしまい、お気楽な若者となった麻之助。盛り場や賭場に知り合いが多く、演劇や賭け事など遊び上手。家にいれば嫁は取りたくないとか、仕事はしたくないとか、小遣い欲しいなど、謂いたい放題。でも、実は人の気持ちにきちんと配慮する気配り上手、義理堅いところがやはりいいのだと思います。

裁定を乞う二つのグループがいたとして、どちらの側もキチンと立て、心にわだかまりが無いように決着をつける、と。

 

もちろん、このように両者をすっきりさせるために綿密な調査!?を仲間とともにするのですが、このあたりはDetectiveモノの面白味があるのがまたいいですね。

 

因みに今回麻之助は結婚!します。前作「まんまこと」で偽装結婚じみた流れでしたが、今回とうとう年貢の納め時となりました。まあこれは以降への伏線にも見えますが。

 

てか、読んでない方には何の話だって感じですが、個人の備忘みたいなものなんでお許しを。端的に言えば面白いってこと!

おわりに

ということで、畠中氏の時代小説でした。

解説で細谷正充氏も仰っていましたが、実に場景が目に浮かぶ描写。彼はこれを「幻視者」と表現していましたが、言いえて妙。

私も江戸時代の街並みで麻之助を見ていたかのような思いで読んでいました。

 

江戸時代が好きな方、ライトな時代小説を試してみたい方にはお勧めできる作品だと思います。

 

評価 ☆☆☆

2024/05/13

吉野氏の半生で見る戦前・戦中のアメリカ・ドイツ・日本 |『私が最も尊敬する外交官』佐藤優

佐藤氏の作品は結構好きです。

その博学に裏打ちされた諜報インテリジェンスの話、外交の話等は、私の知らない映画のような世界。知らない世界だけど、厳然として存在する、熾烈な世界。

 

そんな佐藤氏にあって他の著作で言及があったのがこの吉野文六氏。

吉野氏というと、私の頭にあるのは、去る西山事件で虚偽の証言をした外交官、という事実。その吉野氏を佐藤氏が持ち上げるという事に疑念を持ちつつも購入に至りました。

結果は面白かったのですが、西山事件とはあまり関係なく戦前戦中の話に終始。

 

 

はじめに

本作は、端的に言えば、佐藤氏による現代史の再構成、といったら大袈裟でしょうか。

言葉を加えるならば、吉野文六という元外交官の人生(の前半)を梃に、その周辺の歴史を再構成する、とでもいったものでありましょう。

 

吉野文六氏とは

多くのかたは吉野文六氏をご存じないと思います。

1918年生まれの外交官。東京帝国大学在学中に外務省に入省、戦中ながらアメリカを経てドイツにて留学、そのままドイツ大使館でドイツの敗戦を目の当たりにする。戦後は駐米公使、アメリカ局長などの要職を務め1982年に退官。詳しくはwikipediaをご覧ください。

ja.wikipedia.org

 

でもこの方の名前を最も有名にしたのは西山事件でしょう。

西山事件はこれまた一から説明すると長くなるのですが、要は戦後の沖縄返還に際して、本来米国が日本に支払うべき資金について、日本が支払う(つまりチャラにしてあげる)という密約をした、と。これをすっぱ抜いたのが毎日新聞の西山記者ですが、西山記者は言わば国策裁判でハメられ、その際の証言で吉野氏は「そんな密約はなかった」と虚偽の証言をしたものです。

 

なぜ虚偽といえるのか

この証言が虚偽と分かったのは、言わずもがな、日本の記録からではありません。

米国の公文書が2000年に公開されるに至り、2006年に本人が証言は虚偽であった(沖縄返還時に日米に密約があった)と認めたものです。

で、佐藤氏はこの吉野氏の行為に強く心を打たれたようです。

 

オーラルヒストリーの重要性

さて、作品そのものは、吉野氏の戦前戦中の記憶や佐藤氏との会話に加え、佐藤氏が諜報的解説を敷衍して行ってゆくもの。

言わば吉野氏によるオーラルヒストリーに佐藤氏が彩りを加えていくという体裁をとります。

 

このオーラルヒストリーの貴重な点は、やはり教科書の字面から一面的にしか知らないものを、一個人の証言からよりビビッドに多面的に理解できる、という事です。

例えば、1941年の日米開戦以前、米国の雰囲気はどうだったかというと、吉野氏に言わせれば、日本人への憎悪もなく、物にあふれ、牧歌的な朗らかさがあったという。てかもう反日的な雰囲気で満たされていたとかって思いません?

またナチスは第一党として国民から選ばれた、という教科書の記述などをしばしば見ます。これなぞは、あたかも多くの国民は熱狂的にヒットラーナチスを支持したように感じます。しかし吉野氏の目から見れば、形だけの支持の人も多く、なんなら公然と悪口を言う人も結構いたことが綴られます。へー。

 

歴史って何が真実なのか?

なんてことを書くと、一体歴史の正しさとは何か、その事実はだれが認定するのか、なんてことに疑問を持ちます。

 

ドイツでのナチスの支持についても、文科省の担当者よりも、吉野氏の現場の声のほうが、すこし説得力があるように感じます。ではこれがすべてかというとそうも言いきれない。これは一事例であり、例外の可能性もあります。

 

歴史の概ねの事実は共通して合意されるとは思います。しかし、歴史とは予想以上に重層的・複層的で、細部を見れば見るほど、そこには不確かで相反する証言や背景が蓄積してもおかしくなさそうです。

だからこそ、一方的な断定的事実(とされるもの)には、時に懐疑的な方が健全なのかもしれません。またそれゆえに、こうした一個人の口述は非常に貴重であると感じた次第です。加えて、このような不確かな歴史的土壌がぬかるみのようにあるからこそ、歴史小説がフィクションとして花開くのではないのでしょうか。

 

おわりに

ということで佐藤氏の作品でした。

西山事件とはほとんど関連のない著作でした。むしろ戦中ドイツを吉野氏を通じてインテリジェンス的に読み解くというもの。

こうした外交・インテリジェンス等に興味がある方にはお勧めできる作品です。加えて、歴史とは何が真実かと、ふと思わせる著作でもありました。

 

評価 ☆☆☆☆

2024/05/07

ひっそりと穏やかに暮らす超能力者たちの憂鬱 |『光の帝国 常野物語』恩田陸

はじめに

幅広い作風を持つ恩田氏ですが、本作を読んである思いに至りました。

この人は怪奇系が得意かも

 

氏の作品は20作以上読んでいますが、超常系のエッセンスが入っているのは結構ツボります。そして本作もそうでありました。

 

つくり

ザックリ言うと、常野という場所・そこを起源とする氏族は特殊能力を持ち、それが発現する話が連篇で綴られるというのが構成です。

 

とある場合は現代、息を潜ませるように生きている記憶をつかさどる能力に秀でた人たち(「大きな引き出し」)。またある場合は、戦中の東北に難を逃れたこの氏族の出身者が最終的に殺されてしまう悲劇を描く(「光の帝国」)。

 

このようにして連篇が10篇収録されています。

あるものは独立しているように見えますし、あるものは他の短編と関連があるようにも見えます。このあたりが含みを持たせる書きぶりなどがしてあり面白いところ。

 

超能力に憧れる!?

さて、この小説の魅力といえば、やはり超能力、ではないでしょうか?

んなものねえヨ、って言っちゃうのは簡単なのですが、あればいいなあーと憧れた方も少なくないのではないでしょうか。

 

私は本作を読んでいて、かつて見た『グリム』というドラマを思い出しました。

我々が何気なく生きている街中にも、超能力を持った人種がひっそり生きているとしてもおかしくないなあ、みたいな。もっともこっち(グリム)は大分粗々しいですが。

www.hulu.jp

 

遠野物語と常野物語

さて、私も勘づきましたが、字面から類似性に気づき、「つねの」ではなく「じょうの」かなあと。タイトルが遠野物語に由来していると推測される点については、解説で久美沙織さんも指摘されていました。

で、じゃあ遠野物語って何かっていうと、柳田国男民俗学、ここまでは日本史で頭の中にありましたが、遠野物語までは読んだことありませんでした。早速wikipediaで確認してみると、言わば地方の超常現象系民話集!実に面白そう。読みたい!

 

因みに、折口信夫民俗学も有名ですが、この前の入院中にトライしてみました(結果、挫折)。こちらは巫女とか神様の神話が南方(沖縄とか)よりやってきたとか、宗教と習俗とのまじりあいの過程の仮説とか、民話や神話に現れる単語の言語学的ルーツをたどるとかでそれなりに面白かったのです。が、起きるべき昼には私を眠りに誘い、隣のおじいちゃんが呻いてうるさくて眠れない夜にもまたばっちり眠気を与えてくれる睡眠薬の立ち位置に留まりました(泣)。ということで挫折。余談ですね。

 

おわりに

ということで恩田氏の超常系小説でした。

中学校で「宇宙皇子」、高校でスティーブン・キングにドはまりした私としては超能力・超常現象系は大好物。続編もあるようなので引き続きトラックしてゆきたいと思います。

 

評価 ☆☆☆☆

2024/05/06

海外オヤジの読書ノート - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村