海外オヤジの読書ノート

中年おじさんによる半歩遅れた読書感想文です

議論がややナイーブか。あるべき未来像はなかなか見えてこない―『資本主義はなぜ自壊したのか』著:中谷巌

 

本の概要

世界で進むグローバル資本主義新自由主義への流れに対し警鐘を鳴らし、その原因や背景について分析。また、今後の日本の在り方について提言する。著者の中谷巌氏は一橋大等の教授を歴任した後、小渕内閣で経済改革研究会に参画するなど、所謂新自由主義寄りの人物であったが、その後転向を発表。

 

感想

小泉前首相が進めた郵政民営化前後から、日本では新自由主義という思想が徐々に浸透してきました。その核は市場原理主義と自己責任という二つの言葉に集約できると思います。そのような新自由主義グローバル資本主義)は誤った方向であるというのが著者の意見です。扱っている射程が広いのでここでは幾つかのパートへの感想だけ述べたいと思います。

 

グローバル資本主義のどこがダメなのか?

グローバル資本主義経済の欠点の指摘は的確だと思います。端的には「生産と消費の分離」(P.108)。国際的水平分業により先進国の工場は人件費の安い後進国に移転し、先進国がより安い製品を輸入するという生産消費スタイルが確立されました。結果、先進国のブルーカラーは消費は続けざるを得ないのに生産に関われないという事態に至ります。投資家と一般消費者は得をしますが、先進国ブルーカラーは失職ないしより賃金の低い仕事を探さざるを得ないことになります。国により政府の補助や支援はまちまちでしょうが、自己責任の旗印の下、格差が広がる構図ができます。

 

グローバル資本主義。先導者は誰なのか?

また、かような市場原理主義の推進者が居るであろうことを暗にほのめかしていますが、ここは私も同感でした。「政府の干渉が減り、規制が緩和されたマーケットが実現すれば得をする勢力がいたからこそ」(P.133)。筆者は決して陰謀史観に与するわけではないと断りを入れていますが、私は、物事に因果があるということは何某かのグループがお金と時間をかけて意志をもって方向性を作ったと考えます。

 

震源はピンポイントでアメリカ!そしてキリスト教!でもナイーブ過ぎないか?

他方、以降第四章から終章まではややナイーブな議論が続きます。グローバル資本主義の源泉は米国建国の理念にまで遡っています(P.212-P.219)。単純な還元論には疑問が残りますし、歴史がない国とは言え400年前後の歴史があります。その歴史過程を分析しないのは片手落ちにも見えました。

それ以外にも欧米の一神教を背景とする人間中心主義や、江戸時代の誇り高き武士の精神、さらには自然との調和を図る神道的日本について懐古的に言及していますが、寧ろ感傷的に映るため省いた方が良いのではと感じました。

 

まとめ

まとめますと、本書でなくともグローバル資本主義について学ぶには他に良い本があると思いました。確かに、どのようにしてグローバリズム格差社会を引き起こしたか、を考える上では参考になります。しかし、議論の射程距離が広く、米国の歴史の精査や一神教の思想性の分析は甘く、人によっては中盤以降読む気を失う可能性があります。本書の論点は経済、米国史、比較宗教学、日本文化等々多岐にわたりますが、エッセイとして読むのであればこの限りではなりません。

 

評価 ☆☆

2020/05/09

心を鍛えながら判断方法を学ぶ―『自分への答えのつくり方』著:渡辺健介


f:id:gokutubushi55:20200523141425j:image

本の概要

米イェール大、ハーバード大卒業の渡辺氏による、価値判断・ロジカルシンキング法の解説書。子どもが読むことを前提に物語形式で語られれており、主人公は赤魚のピンキー。単なるMBA的知識にとどまらない、”つっこみ”や”仕掛け”の技術、そして”共感”や”感謝”をロジカルシンキングに導入。より効果的で蓋然性の高いディシジョンメークの方法を述べている。

 

感想

かつて、筆者の前作『世界一やさしい問題解決の授業』を読み、もやもやした自分の中の問題(仕事ができるようになりたい・残業なく仕事ができるようになりたい等々)が大分整理された経験があります。

 

lifewithbooks.hateblo.jp

 そして今回は、よりパワーアップして、より体系的に判断や評価の仕方について解説されています。文意は平易ですが、身に着けるのはなかなか簡単ではないと思います。

 

Decision Making+「仕掛け」

今回は、マトリクスを使った価値判断法が優しく解説されています。

筆者の優れているのは、「つっこみ」というファクターの導入です。Decision Makingの方法論は極普通。いくらでも他所で見つけられます。ただ、評価軸のポイントにつっこみを入れるという視点はなかなか得られない視点だと思いました。作中では、主人公の赤魚ピンキーが留学場所選びで費用が安いことを評価ポイントに加え、困ってしまいます。そこで、費用は掛かるが他の評価ポイントが高いアマゾン中学に「もっと安くならないか」とつっこみを入れているのです。つまり、マトリクスにまとめる手を止めず、仕上がった評価に突っ込みを入れることで、当初の留学地の候補の評価は大きく変わっていきます。作中では、結果的に寮でのバイトで費用が大幅に安くなり、二番手のアマゾン中学は一番の留学候補に変わりました。この働きかけを筆者は「仕掛ける」と読んでいます。マトリクスの表を作る+「仕掛け」で判断の精度・確度は格段に上がります

 

ロジカル思考+つっこみ

これ以外にも論理思考を鍛える「ピラミッド型」が紹介されています。こちらは英語の文章では馴染みの構造です。結論が先頭にきて、その後理由をBulletで述べていく形。これを図式化すると、ピラミッドの頂点に問い(或いは結論・主張)が来て、その下に理由が来る構成です。作中では親睦会の会場選びが本当に正しいかを確認するために、このピラミッド型が使われています。ピラミッド型は頭の整理にもいいのですが、ここでもやはり会場チョイスの理由に「つっこみ」を入れる部分が特徴です。このつっこみのひと手間こそが仕事や判断の完成度を挙げるキーとなるのは容易に想像がつきます。そして形にとらわれていると、この突っ込みが得てして見えなくなるものです。

 

こころも(が?)大事

加えて素晴らしいのは、作中で頻繁に心の成長も促している部分。メンターへの感謝、ライバルへの思いやり、他人への共感など、「別の立場ならどう感じるか」などです。私もこれは非常に大切だと思います。命令や指示を聞いて反発を感じるときは、大抵は”自分のことを考えてもらっていない”と感じる時ではないでしょうか。また、ロジカルな政策(思いやりなし)とロジカルな政策(思いやり含む)なら断然後者の方が成功の蓋然性が高まるはずなのです。少なくとも聞く側の納得感が高ければ組織としての団結は高まるのではと考えます。従い、功利的に考えても思いやりに一定の価値を見出せます。

 

まとめ

まとめますと、この本は多くの方におすすめしたいと思います。ロジカルシンキングの初級本と言えますが、学生・若手社会人・チームリーダー・主婦など多くの方に関連する本だと思います。好きな事をどう適えるか、自分の主張をどう通すか、これは殆どの人に関連する悩みだと思います。そして、自分の判断の精度のみならず、常に周囲との関連についても射程に入れている点で、この本は非常に含蓄の深いビジネス本になっていると思います。是非多くのかたにより良い選択ができるようになってほしいです。

 

評価 ☆☆☆☆☆

2020/05/01

大人の入り口を描く、やや酸味のあるユーモラスな作品―『カラフル』著:森絵都


f:id:gokutubushi55:20200520231901j:image

本の概要

自殺した少年の体の中へホームステイし、人生の再挑戦のチャンスを得たぼくが、人の欠点や優しさを見ながら成長していく。ぼくがみた世界は必ずしも綺麗ではなかったけれど、優しさもあったし、僕を見てくれる友達もいた。筆者の森絵都さんは直木賞受賞作家で、ティーンズ小説に定評がある作家。

 

感想

森絵都さんはティーンズ小説で有名な作家。読書嫌いの子供たちに読ませるために購入。以前読んだ『DIVE!』も面白かったのですが、本作品もなかなか良かったです。

 

神々もまた人間臭い笑

先ず面白かったのが神々の描き方。天使が住む天界での人間模様(天使模様?)を天使業界と言っていますが、天使業界ってなんやねん?突っ込みたくなりました。そんな生死や輪廻といった重い話題をビジネスライクに描いている点がユーモラス。天使にボス(勿論神さま)がいたりとか、その意向に逆らえないとか、超越した存在かと思いきやサラリーマン的悲哀を漂わせる描写が面白かったです。

 

人は不完全な生き物です

次に、私がいいなと感じたのは、登場人物の不完全さが描かれているところ。お母さんは浮気してるっぽいし、お父さんは上司の失脚を喜んでいるし、お兄ちゃんは自殺に失敗した真にシニカルな言葉を投げる。真はそんな家族や周囲の友達にも反発しますが、これこそが思春期の子供達が乗り越えるべき・受け入れるべき現実かもしれないと思いました。

 

親だからちゃんとしているとか、教師だから何でも知っているとか、警察だから常に正しいとか、現実は決してそうはならないですよね。親だって間違えるし、先生だって知らないことあるし、警察だってミスることもあります。そして自分もそういう不完全な大人にもうすぐなるのです。

 

こうした現実をきちんと(シニカルではない形で)受け入れられることが、大人になることの要素の一つだと思います。こうした他人を受け止める寛容さという器は、穴が開いていたり割れたりしてなかなか満ちることがありません。自分は40半ばにしてまだまだ道の途中ですが、子供達にもこのあたりについて思考を始めてもらいたいと考えています。 

まとめ

纏めますと、教育的見地からもエンタテイメントからも私にとって満足度の高い作品でした。ティーンばかりでなく、その親御さん世代にもおすすめします。読了後の爽快感は、金子みすずの詩『私と小鳥と鈴と』の最終句を想起させます。「みんなちがって、みんないい」。というか、これは子どもにわからせることというより、大人が理解するべきことかもしれませんね。。。。

 

評価 ☆☆☆☆

2020/05/02

新自由主義経済に食い荒らされたアメリカの現実―『ルポ 貧困大国アメリカ』著:堤未果


f:id:gokutubushi55:20200519084319j:image

本の概要

米国の貧富の差にフォーカスを当てたルポルタージュ作品。学校給食と肥満、学校や病院の民営化と無保険者の増加、貧困層を狙う軍のリクルーティング等、貧困が選択肢を大幅に狭めている米国の様子が描かれています。

 

生の声を伝える

この作品が力強く響くのはやはり生身の人間の声が収録されているからだと思います。サブプライムローンを押し付けられ挙句に家を差し押さえられた移民のマリオ、民営化が原因でハリケーンカトリーナが襲うルイジアナを救えなかったと感じるジェフリー、学資ローンが厳しい故に海軍のリクルートを受けたダイアン等々。お金がない事で選択が極度に狭められていることが分かる。

 

きらりと光るコラム

また、筆者が節々で展開するコラムが非常に洞察に満ちたものとなっている。私が印象深く感じたのは「コラム④誰がメディアの裏側にいるのか」というもの。メディアすら私企業として資本で支配されており株主の意向が働いていることが良くわかる。つまりマスコミもポジショントークをしているということ。安易に信じてはいけないのだ。

 

市場経済は万能なのか

こうやって考えると、米国というのは極端なまでに市場主義で最適化を目指す新自由主義によって滅茶苦茶にされた感がある。この本は、そうした市場経済万能主義・新自由主義が手放しでよいのかどうかという問いを与えてくれる。

個人的には、食や医療、交通、軍需、その他の特定分野では国の介入が必要だと思う。ノーベル賞受賞のアカロフ等も一定の介入を認める意見をとっていた。

 

lifewithbooks.hateblo.jp

 

 

lifewithbooks.hateblo.jp

 

まとめ

まとめると、これはタイトルの通りルポであるので、米国人の生の声が聞ける意味では非常に貴重だと思いました。また国の在り方を考える上でもよい教材だと思います。競争は必要ですが、セーフティネットもまた相応に必要だと思わせられました。これはさらには政治や外交の在り方を考えるという事にもつながります。内容がやや古いのですが、新自由主義の流れを知る上では非常に良い教材だと思います。

 

評価 ☆☆☆

2020/05/01

偶然性のススメ~不自由のなかで見つける非予定調和―『弱いつながり 検索ワードを探す旅』著:東浩紀

f:id:gokutubushi55:20200515212956j:plain

本の概要

日本の現代思想トップランナー(と私が勝手に思っている)東氏の作品。
インターネットによって世界はより近くより便利になった反面、世界はより固定化されてしまった(リコメンド機能やサジェスト検索)。そのような閉塞感に対し、旅という”未知”や新たな検索ワードを“ノイズ”としてネットの世界へ投げ込むことで、新たな地平・体験を得ようという試み(概要になっていない?)。

感想

一般に哲学や思想というのは小難しい。派生して、意図的に難しく述べることを哲学的と言ったりするきらいもある。その中で東氏の語り口はいつもなめらかで、優しい。そして興味深い問いを投げかけてくれる。本作ではそのような検索窓に固定されがちな我々の生活を、我々自身が意図しない体験に自ら身を投げ込むことで新たな可能性を探ろうという提案である。

ネット炎上の止め方

偶然性を薦める上で、導入としてネット炎上を持ち出す。ネット炎上はどうすれば止められるか?通常の言い合いではまず終わりがこない。延々と続く水掛け論。なぜか?理由はメタゲームが永遠に続くから。なぜ、なぜ?の連続や、そもそも論の発生により核心へたどり着かない。

これを止める方法が、モノ。どういうことか?
モノ(人)に実際にリアルに触れることで文字から伝わる以上の経験が得られるということだと思う。例えば、旅行で他所へ行く、現実に人に触れる、人と会う。そうした人に対しネットで繰り返すような罵声を浴びせることは難しい。また、このような体験を旅行で得るということは、文字から得た知識とは全くちがうビビッドさを持っているという。チェルノブイリや福島を例に、被災地の観光地化・旅などを取り上げている。なぜ観光や旅がビビッドなのかというと、逆説的だが時間やお金がかかり、不便であるからだ。より安くよりよいもの、そして効率性が叫ばれる現在、このような不便さに可能性が見いだせるという。

逆説的選択の強み

逆説的な自由という言説。旅行という不自由さから論は始まり、あえて主流じゃない検索ワードで“ノイズ”を作る、そして人間の弱さや偶然性こそが予定調和から外れた強い絆になるとしている。謂わば蓋然性の高い因果よりも、偶然から生まれた絆の方がより強いということだ。分かるようなわからないような話ではあるが、日本流に言えば一期一会のような感覚であろうか。その希少性があるゆえにその出会いにかける気持ちも強くなろう。と、解しました。だから強い。お見合いよりも同じホームで偶然であった異性に対しての方が恋愛感情が燃え上がりそうな感じ?

まとめ

まとめますと、ソフトでわかりやすい思想系エッセイでしょうか。スパイスは”旅”。自己啓発的にあえて書いたと筆者は言っていますが、何か違う気がします。第一この内容をきちんと消化して自分の言葉で再構築するのは結構難しいと思います。ただ、思想の系譜で言うと実存論的とかそういういかにも暑苦しいやり方ではなく、予定調和から外れてみようぜという軽いノリの自己決定の勧めと言えそうです。小難しめなお話しが好きな人にはおすすめです。

評価 ☆☆☆☆
2020/04/29

真面目です!大便から考えるコンディショニング―『大便通』著:辨野義己


f:id:gokutubushi55:20200514002452j:image

 

本の概要

理化学研究所所属の辨野氏による便と大腸についての入門書。便に関する知識、自らのうんこ相手の研究談、そしてオヤジギャグを取り混ぜ、腸の仕組み・腸にまつわる病気の原因と対策・腸内細菌研究とテイラーメイド医療への可能性等について幅広く論じている。その他、腸にまつわる雑学的ネタも多い。良書。

 

感想

この本を読んでから、私はコンディショニングや食べ物についてかなり気を付けるようになりました。購入以来5回は読んだでしょうか。友人・知人、趣向の似ている方にも貸して読ませてきました。

この男らしい?本のタイトルとコンパクトな新書の中に、腸と食事と健康についてのヒントが沢山詰まっています。

 

純粋に腸について知らなかった!

何について書かれているかって、それはもろ腸の仕組み。私は、そもそも腸について知っているようで何も知りませんでした。うんこが作られることとか栄養素が吸収されるとかその程度。実際には1000種類以上の大腸菌が生息し、善玉菌・悪玉菌・日和見菌に分類されます。この菌種の勢力状況によって便が発酵ないし腐敗して体外に排出されます。なるほど。これがお話の前提となります。

 

腸内環境はコントロールできる!コンディショニングへの応用も

この腸内環境を善玉菌優勢に導き“発酵”した便を排出するには当然ながら食事が重要です。筆者に言わせると、食物繊維とヨーグルトがおすすめとのこと。ヨーグルトの善玉菌で腸内を善玉菌優勢にし、食物繊維を餌にして腸内で善玉菌を繁殖させ、これで便をすっきり排出すると。誤解を恐れずに言えば便とは毒の排出でもあるので、定期的に排出できるような便を生み出すのが理想です笑

 

思うに、ダイエットやコンディショニングを考えると、伝統的な和食が最適なのだろうなと感じました。逆に、糖質制限ダイエットで肉食オンリーみたいな人は腸での腐敗がおきそうです。お米はお米で食物繊維もありますし。まあ結局、動物性たんぱく質の重要性や糖質過多が起こす体調不良のことも諸々考えると、最後はやはり食事はバランス、ということなのでしょうね。面白みのない結論ですが笑。

 

ここはどうなの?

ひとつだけ疑問であったのは牛乳否定論者に対して激しく反論している箇所です(P.168)。私もそうした本を以前読みましたが、日本人の8割程度がそうだという乳糖不耐性は、腸内環境を整えていればきちんと分解できるのでしょうか。謎は深まります。。。

 

lifewithbooks.hateblo.jp

  

まとめ

まとめますと、この本は食事や健康に興味がある方には絶対におすすめです。腸と食事の関係、そして健康への影響がよく理解できます。よく言われますが、人は食べたものでできています。暴飲暴食やスナック菓子の摂取など、頭でわかっていてもやめられない場合も、この本を読むと大分食べる気がなくなります笑。腸にまつわる小ネタも多く楽しく読める一冊です。

 

評価 ☆☆☆☆☆

2020/04/30

読後に思う、一人で歩んでいくことの孤独―『夢をかなえるゾウ3』著:水野敬也


f:id:gokutubushi55:20200512072917j:image

 

本の概要

ブラックガネーシャを師匠に、20代後半OLが成功を目指して人生を変える!でも本当に変わるのは、その人の人生というよりも、その人自身の心持ち。

累計280万部超のベストセラー自己啓発系エンターテイメント小説の第3弾!女性主人公にブラックガネーシャがスパイシーな教えを授ける!

 

感想

ベストセラー小説の第3弾。

ぐいぐい読めるのでマル一日時間があれば通読できる。

 

それにしても水野氏の筆力には驚かされる。

参考文献を見ればわかるが、悪く言えば氏の作品はいわば過去の成功事例のオマージュ編集と言えなくもない。しかし、関西弁を喋るガネーシャというキャラ立ちした存在を上手に展開することで良い味を出しており、ファンを増やしていると思う。

 

前作同様、若手サラリーマンの前に現れ、次々と無理難題を吹っかけつつ、その子の成長をガネーシャが見守るという展開。

lifewithbooks.hateblo.jp

 

私は、本シリーズを自己啓発本というよりも読み物(エンターテイメント)として読んでいるので、ここが沁みたーなどと言うつもりはない。

 

ただ、読んでいてつくづく感じるのは、成功するかどうかは別として、納得のゆく人生を歩むためには人間的成長や自己認知力が必要なのだなあということ。そして、そうした振り返りは一人では相当難しく、呼び方はどうあれメンターや師匠などの善意の第三者の促しが必要ではないかと感じた。できる先人をベンチマークするのも手であるが、そうした先人とゆるやかな師弟関係のようなつながりができると人はより伸びるのではと感じた。

 

作中では最後にガネーシャは消えてしまう。我々も自分の人生には自分ひとりで挑むしかない。だが、人生という厳しい戦いに挑むにはそうした第三者を措定することでより継続的かつ持続的な人間的成長が期待できると感じている。

皆さんにはメンターと呼べるような第三者はいますか?

 

評価 ☆☆☆

2020/04/24

 

夢をかなえるゾウ(3)

水野敬也 飛鳥新社 2019年05月
売り上げランキング :
by ヨメレバ