海外オヤジの読書ノート

中年おじさんによる半歩遅れた読書感想文です。今年は世界史と英語を勉強します!

残酷でシニカル、でもほんのりと感じる確かな友情―『少女』著:湊かなえ


f:id:gokutubushi55:20210510222806j:image

 

 ネタ晴らしはしたくないのですが、湊氏らしからぬ終わり方でした。そういう意味では背表紙にあった「衝撃の結末」というのは誇張ではありませんでした。さすがです、湊かなえ氏!

 

あらすじ

 かつての仲良しであった女子高生の由紀と敦子、今は訳あって少し距離がある。彼らは、転入生の紫織が親友の自殺を目にしたことを告白される。二人はそれぞれ自分も同じように死を目撃したいと願い、一方は病院の読み聞かせボランティアへ、もう一方は老人ホームでのボランティアへと赴く・・。

 

女性は恐い?

 さて本作で一番強く印象づけられたのは、主人公たる由紀と敦子のすれ違いです。

 周囲からの攻撃を避けるために自分を曲げて無理をする敦子の息苦しさ、そして徹底してシニカルに批判的にそれを見つめる由紀の冷酷さ。コニュニケーションを取ろうとしない、取ろうとしても埋まらない二人の間の溝。思春期特有なのか、互いに思う気持ちがあるのに伝わらない、というもどかしさ。

 

 もうひとつ。少女の、特に由紀の、すこしスレている心情が冷徹かつ残酷で、ある意味ホラーでした。

 自分の体をネタにしてでも人の死を見たいと願ったり、めんどくせえから彼氏に体を捧げてやれと思う視点も、あたかも自らを第三者的に見ているかのような冷静さ。

  驚くべきは、ここまで振り切って変態的(人の死の瞬間が見たいとか)なのに、それでいて常に冷静、そして一見普通でどこにでもいるような女子高生でいられることです。

 まあキャラ設定だからというのはあるのでしょうが、ほら、男性の変態って、何というか隠せない変態性があって、ふとした瞬間に目がいっちゃってたりするイメージがあります。そう、隠しきれないというか漏れ出てくるというか。

 そういう点で本作の主人公由紀はその異常性が常態化していて、しかも日常に溶け込んで違和感がないことが背筋をゾクゾクさせました。

 

 因みに話は途中で何となく筋が見えてきます。あー、これはきっと別々に進行する物語が結びつくなー、と。でも、最後の最後で湊氏らしい、いやーな終わり方をします。ほんっと、すっきりしない!!

  

おわりに

 相変わらず子供に読ませる、ためになりげな本を探しての読書でした。

 今回の作品も、本嫌いの子どもたちにはちょっと厳しいかなあ。自分は読んで楽しいのだけど、子どもたちに理解してもらえるかはちょっと定かでない。。。

 学園モノを重点的に攻めてきましたが、根がひん曲がっているので、素直に面白い作品になかなか当たりません(まあ自分が避けているんですがねね)。そろそろアクション系・推理小説系に軸を移してみようかなあ。

 

評価 ☆☆☆

2021/05/03

旅行に役立つギリシア神話。変わった切り口で神話を語る―『ギリシア神話 神々と英雄に出会う』著:西村賀子


f:id:gokutubushi55:20210508183659j:image

 日本人は実に外国のものをうまく取り入れる民族だと思います。

 英語もフランス語もドイツ語も、すべてカタカナにして日本語に取り込むのです。ランチにヴィシソワーズを取って、デザートはバームクーヘンだった、とか。

 日常会話にはこうした言葉がじつに自然に取り込まれていますが、実はギリシア語やギリシア神話に根差すことばも、商品名・作品名などに多く取り込まれている気がします。オリンパス(社名)、アリエスの乙女たち(マンガ―ドラマ、古っ!)、テセウスの船(マンガ―ドラマ)等々枚挙に暇がありません。

 

 そうした、もはや日本語化していて違和感がないけど実はイマイチ由来を知らないギリシア神話について学びたいと思い手に取りました。今年は世界史を勉強しているため、古代ギリシアが終わったタイミングで読み始めてみました。

 

絵画との関連

 本作で一番有難かったのは、ギリシア神話をモチーフにした絵画について度々言及してくれていたことでした。例えば、プラド美術館に所蔵されているベラスケスの絵。
f:id:gokutubushi55:20210508183643j:image
ベラスケスと言えばフェリペ4世の娘を描いた「ラス・メニーナス」が有名ですが、ギリシア神話をモチーフしたものもあるのですね。死ぬまでに一度行ってみたい美術館です。

 他にも作家は私は全然存じ上げませんが、ルーブル美術館、シカゴ美術館、大英博物館等々錚々たる大御所的ハコにギリシア神話をモチーフにした作品が収められているのです。きちんと予習をしてから旅行したら絶対楽しいはずだなあと。

 

オリエントからギリシアへ、ギリシアから世界へ

 もう一つ、へぇーっと思ったのは、最高神ゼウスと妻のヘラとの度重なる夫婦喧嘩を「征服民族と土着民の宗教的軋轢が反映されていると解釈するのが自然」としていること。日本のような島国だと、独自の文化がじわじわと熟成するようなイメージで神話の成立を想像しますが、ギリシアはヨーロッパとアジアの境に位置し、絶え間なく人の流出入・制服被征服を経て文化が混じり成立していったのだのなあ、と当たり前ですが今更納得した次第です。

 こうして成立したヘレニズム文化がキリスト教等の現在のメジャーな宗教に影響を及ぼしていることを考えると、文化の伝播とか世界の「繋がり」の不思議にちょっと感動してしまいます。

 

 余談ですが、大学でギリシア哲学の授業をとったことがありました。その授業ではギリシア文字をアルファベットに置き換えるとかホメロスの暗唱とかやらされました。ホメロスの暗唱については「これを僕がギリシアで暗唱したら喫茶店で店主がコーヒーをおごってくれたぞ」と先生がおっしゃっていたのを思い出しました。

 唐突に、老後にギリシア語でも勉強してみようかなと思いましたが、グーグルで検索してみると、とてもギリシア語の参考書は少ないそうです笑。じゃやめとこ。

 

おわりに

 ギリシア神話の入り口としてはなかなか面白かったと思います。特に美術との関連を交えて解説している点、「生と死」「怪物」など、私の好みのテーマで章立てしてあった点は個人的には評価は高いです。加えて文献や家系図が巻末に丁寧にまとめてあり、学びたい人にとってはとても親切な本だと感じました。問題はギリシア神話に興味を持つ人ってのがきっとメチャクチャ少ないという事と、私のように興味があっても一度読んだだけではさっぱり覚えられない(老化ですが)という所でしょうか。

 西洋史西洋文化、世界史等々に興味がある人にはお勧め。

 

評価 ☆☆☆☆

2021/05/01

死者と再会できる場で起きる殺人事件―『ネクロポリス』著:恩田陸


f:id:gokutubushi55:20210506011832j:image

 死後の世界、皆さんは興味はおありでしょうか。あるいは、亡くしたけどまた遭いたい方はいらっしゃいますか。あるいは、会ったことのない祖先に有名な人がいて会ってみたいとか。

 

あらすじ

 本作はそのような死者と会える場所「アナザー・ヒル」を舞台としたファンタジー系?モダンホラー・スリラー。

 聖地「アナザー・ヒル」に入山できるのは一年に一度の「ヒガン」のシーズンのみ。そこは生と死の境界が曖昧な土地であり、「アナザー・ヒル」を抱える国「V.ファー」は民族系統としては日本に近く、イギリスの植民地であった過去がある。この「アナザー・ヒル」に入山する幸運を得た日本人のイトウ・ジュンイチロウ。東大大学院で文化人類学を研究する彼は、遠縁の初めて会う親族を頼って「アナザー・ヒル」で死者と会う体験する予定であった。ところが、発生したのは想像もしなかった連続殺人事件。ジュンイチロウは意図せぬ形でこの事件へと巻き込まれていく。

 

感想

 これまで色々と恩田氏の作品を読ませて頂いておりますが、よくもまあ変わったセッティングを思いつくなあと感心します。

 

 人間生まれれば必ず死ぬというのは必然の理ですが、付随して起こるのは喪失体験だと思います。その喪失体験がもし癒せるとするのならば、死者との対話はとても貴重なものであろうと感じました。言えなかった心残りや伝えられなかった感謝の念を今一度言えるチャンスがあるとすればどんなに救われることか。そのような出会いを可能にする「アナザー・ヒル」はその点で非常に魅力を感じました。

 逆に、隠していた秘密が死者によって暴露されることがある点は作中でも述べられています。この死者の証言はミステリ的には肝になる材料ですね。

 

 さて本作、とにかく登場人物が多いですね。巻頭に見開きで人物紹介がまとめて書いてあるので分かりやすいのですが、何度か(も)行き来を余儀なくされました。イギリスの植民地であったことから横文字も多く、雰囲気的に洋ものミステリーな感もあります。

 

おわりに

 いずれ我々も赴くことになる死の世界と生の世界との接点を描くという点は面白かったです。またこうした生死のはざまを利用したトリック?やイタコ的な超自然的な力を有する登場人物がストーリのなかでキーを握る点などは面白く読めました。

 ただ、恩田氏の作品の中では普通な(わたし的にあまり響きませんでした)出来であると感じた次第でして、まあお時間に余裕のあるかたやファンのかた、または死者の世界とか死者の世界との接点みたいなことに興味がある方にはお勧めできると思いました。そうそう、読後に調べましたが、ネクロポリスとは墓地のことのようです。

 

評価 ☆☆☆

2021/04/28

 

 

Dr. SeussのBooks Setを大人買い! 孫に読み聞かせをする日は来るのか!?


f:id:gokutubushi55:20210503124603j:image

 Dr. Seussってご存じでしょうか。米国の絵本作家だそうで、さる本でも評判を聞き、またブログで紹介されているのも耳にしていました。まあ、機会があったら読みたいなと優先順位は大分低めて構えていたのですが。

 で、うちの近くに新古品を扱う書店がありまして、うろうろしてしていたら、見つけてしまいました。ボックスセット的なやつ。早速こちらをがっつり大人買いしてしまいました。ビニールバッグ入りで全12冊でざっと日本円で4,000円弱でした!
f:id:gokutubushi55:20210503124637j:image

 在庫めっちゃあるみたいだし、小遣い稼ぎに一時帰国するときに商売できるかな?需要ないか。

 

 さて、今年の私のテーマは、英語での表現力向上・単語力向上なのですが、その趣旨からはややそれますが、韻を踏む言葉遊びのような文章が盛りだくさんです。幼児向けの本ですが、50に手が届きそうなおやじが、将来の孫のために読みました。まあ普通に楽しかったです笑。ということでその感想です。

 

絵について

 絵はですね、いやうまいですよ。うまい。ただ、代表作のThe Cat in the Hat からして猫に見えない! 娘に、これゼッタイ猫に見えないじゃん!と吹っかけてみましたが、中学生の彼女には猫に見えるそうです。
f:id:gokutubushi55:20210503124701j:image
心が汚れると見えるものも見えないのかもしれません。。。。

 

まあ沢山はいっていました

セットになっていたのは以下の作品。

The Cat in the Hat (Beginner Books(R))

The Cat in the Hat Comes Back (Beginner Books(R))

Fox in Socks (Beginner Books(R))

One Fish, Two Fish, Red Fish, Blue Fish Book & CD (Book and CD)

“THERE’S A WHOCKET IN MY POCKET!”

How the Grinch Stole Christmas! Pocket Edition (Dr. Seuss)

Horton Hears a Who: Read Together Edition (Read Together, Be Together)

Green Eggs and Ham (Beginner Books(R))

Dr. Seuss's ABC: An Amazing Alphabet Book! (Bright & Early Board Books(TM))

Oh, The Places You'll Go! (Dr. Seuss)

The Lorax (Dr. Seuss)


f:id:gokutubushi55:20210503124717j:image

Youtubeで面白さ激増

 私が一番気に入ったのは”FOX IN SOCKS”です。言ったらラップ。娘に聞いたところRhymeというそうですが、要は韻を踏んで文章を作っているやつです。そういうのってなんか、オヤジギャグ的?なノリですよね。となると実際に声に出したら面白そう!そう思ってYoutubeを見たらあるわあるわ。おっさんが真顔(むしろドヤ顔)でラップに挑戦してるのが。きっと可愛い我が子のためにやってみようと思い立ったのでしょうね。

 

その他、早口でこの”FOX IN SOCKS”をこなしているビデオグリップなどもあり、言葉の楽しさを堪能できます。

  

 そういえば代表作の猫の話ですが、有難迷惑的ネコでして、親の留守をするこどもたちのところを突然訪れ、散々家を散らかしたり汚したりして、やめてと言ってもやめず、すんでのところですべて綺麗に片づけて帰っていくという話です。ヘタウマな絵というかネコの絵が妙に気味悪くてちょっとトラウマになりそう笑

 

 その他結構盛りだくさんで、GRINCHは映画にもなっていましたね。ジム・キャリーが主演していたので見てみましたが、原作から相当膨らましてますな笑 ”HORTON...”はちょっと真面目な寓話風のお話(「命はみんなと尊い」といったテーマ)。GRINCHの舞台となったWho-villeが再度登場します。また本作は同志社大学の中村貢さんという方への献辞も添えられております。興味がある方はググってみるとバックグラウンドが分かるでしょう。色々あったよう。”GREEN EGGS....”はいわゆる食わず嫌いの話ですが、なかなか沁みます。あと”THE LORAX”は環境破壊の話。

 

おわりに

 当初、Dr. Seussの本は言葉の楽しさを教えるための絵本という事を聞いていましたが、12作品すべてを読んでみると、結構寓話的な作品もあり、単純に楽しいだけではないんだなあと思いました(ちびっこは楽しいのかな?) 子どもや孫を英語にexposeしてみたい方、自らを英語にexposeしたい人、英語そのものの音やリズムを楽しみたい人、素朴な児童向けの絵本を楽しみたい人などにお勧めできる作品です。

 

評価 ☆☆☆

2021/04/29

婚活のイタさと苦しさを描く恋愛小説?あるいは毒母親から自立する娘の話―『傲慢と善良』著:辻村深月


f:id:gokutubushi55:20210501194434j:image

 本嫌いの子供に読ませる本はないかとあれやこれや探しているなか、辻村氏がAmazonの”あなたにおすすめ”という所に出てきていることに気づきました。ならばと、今回初挑戦です。

 

 他人の評価ではなく、敢えてタイトルから本作をチョイスしました。まあ8割がたは先日Netflixで見た”Pride and Prejudice”(高慢と偏見)に似ているなあという、ぼんやりした理由からですが笑。

 

概要は

 内容はいわゆる婚活の話。煌びやかでスマートな世界に生きる(も婚期を逃しつつある)架(かける)と、母親べったりのいい子ちゃんの真美との婚活恋愛。ところがある晩忽然と真美が失踪する。その後、架が懸命に真美を探す中で明るみに出るのは母親の全き善なる過干渉と真美の共依存。渦中の真美と架の想いのすれ違いが胸を苦しくする作品。

 

感想

 多くの部分で真美側に立って読んでいましたが、気持ちが苦しくなりました。

 自己評価は低いのに、結婚相手となると高望みをしてしまう真美の心理描写。下品な譬えで申し訳ありませんが、グラビア誌を見ながら彼女にするならこっちの子だ、いやあっちの子だとアツく議論する高校時代の私とその友人たち(まとめて非モテ系)を思い出します。お前が選んでるなよ、と。寧ろ選ばれないから、と。

 あの人は学歴高いけど口下手だから駄目(だから結婚できないんだよ)とか、人に下した判断がまわりまわって自分自身に帰ってこないのですね。いや、そう自身で感じても、結局自分が選択する側にいる視点が強いから、他人から選ばれているという視点になかなかなれないのかもしれません。イタい奴です。

 

 あと、真美からして架はやっと巡り合えた100点のスペックだったのに架は真美に70点しかつけていなかったことを知らされる場面も辛い。自分の好きと相手の好きのレベルが違うというのを、結婚式の期近になって知ってしまう悲劇。

 登場人物たちが、恋愛の延長上に結婚があるという考えに固執する一方、結婚を目的とした婚活を取引的・打算的・選択的に行っている点に悲劇を見る気がしました。もし100%打算的に動けさえすれば、100点スペックを見つけた時点である意味婚活は勝ちなのだと思います。そうならない所が、人間が感情の動物である所以でしょうか。

 

 作中では、「70点」問題の発覚もあり真美は失踪しますが、他方で、ある意味この失踪が単なる婚活を恋愛に変えたのだと言う事も出来そうです。

 

 婚活は、一般に恋愛よりも結婚というゴールに重きを置いている印象があります。故に、恋愛結婚という幻想にとらわれた若者は苦しむのかもしれません。真美の場合、意図せざるものだったのでしょうが、自らの失踪が、雨降って地固まる、の展開を呼んだ形となります。

 

 また、タイトルにも書きましたが、親というのは良きにつけ悪しきにつけ非常に多くの影響を子に与えるなあと感じました。私自身、マイクロマネジメント的な親にはなるまいと思う一方、子離れはきちっとしないと子どもを腐らせるなあと本作を読んでいてぼんやり思いました。

 

おわりに

 多様な価値観が認められるようになってきた日本ですが、それでも若者には結婚についての憧れ、裏返すと、未婚で人生を終わることへの恐怖・体裁の悪さが残っているのかなあと感じました。

 そのような気持ちへ至るのが個人の資質の問題なのか、あるいは日本に残る因襲的雰囲気の結果なのかはわかりませんが、後者だとすると、これまた日本って息苦しいなあと思ってしまうのでした。

 結婚、因襲、恋愛、モテ・非モテ、親との関係、色々考えて息苦しくなる作品でした。

 

評価 ☆☆☆

2021/04/23

スターリンの死と20世紀最大宗教の衰退―『フルシチョフ秘密報告 スターリン批判 全訳解説』訳・解説:志水速雄


f:id:gokutubushi55:20210429223514j:image

 世界史を勉強していると、度々”20世紀最大の宗教”などと呼ばれる共産主義。その中枢であったソ連はすでにこの世にありませんが、その”宗教の”瓦解の過程を知りたいと思い、まず本書を手に取りました。

 

訳者に記憶あり

 ちなみに、内容よりも訳者の志水速雄という名前を見て手が止まりました。はて、どこかで見た記憶があるなと。ググって調べてみて、学生時代に繰り返して読んだハンナ・アレント「人間の条件」の訳者であることを確認しました。

 

スターリン一人が理想郷の悪者だったのか?

 さて内容ですが、フルシチョフが前権力者のスターリンをミソくそに批判している、というそういうものです。

 人や国家、宗教の妄信は恐いなあと、身も蓋もひねりもない感想しか出てきませんでした。国家の為とか共産主義の為とか或いは反革命的とか言いつつ異論反論を許さない社会は暴走するとなかなか止まらないと感じました。

 

 この前マッカーサの自伝を読んだ時も思いましたが、当書もまた解説が面白い(というか、これがないと作品の正しい理解はできない)と思いました。スターリンを支えていたフルシチョフがなぜこのような批判をぶち上げたのかということについて、色々と説明しています。曰く、「先取り」理論とありました。つまりスターリンが根も葉もない理由で多くの同士を虐殺したことや、多くの同士をラーゲリ送りにしたことはいずれ明るみに出る。その時スターリンを支えていた彼ら後継者たちも当然のことながら糾弾される。そうなる前に、自分たちのスターリンへのサポートは棚に上げておいて、大いにスターリンを批判しよう、ということのようです。

 

 実にくだらない理由で大切な人命が損なわれたのだと思います。

 多くの理由のない殺戮は、器の小さい独裁者の君臨とそのお相伴たちによってなされたのです。そして猿山のボスがいなくなった途端、新たなボス猿は権力保全のため、これまでの悪事の責任を前ボスに押し付けようとするのです。貧富の差の解消とか平等を目指すとか、そういった貴い理念は、実に人間的な自己顕示欲や権力争いの露と消えてしまったのだと感じます。改めて共産主義とは何だったのかと問いたくなります。

 

 ただ、社会の暴走というのは資本主義でも共産主義でもどのような社会形態でもあるのだろうなとぼんやりと考えています。集団にはそうした力があると思います。

 暴走した時の悲劇を避けるため、また、社会が健全であるためには、異論を許す雰囲気や土壌、ひいては異なる考えを受け止める努力が、社会のみならず個人においても必要だろうな、と思い至りました。加えて言えば、そうした考えを異とする人ともキチンとコニュニケーションを取ることが絶対必要だと思った次第です。この点で、すぐへそを曲げてしまう私なぞは本当にまだ精神的にひよっこです。

 

おわりに

 20世紀思想史・文化史・政治史からみれば歴史的資料としては価値は高いと思います。共産主義の暴走の極致、その暴露さえ政治闘争の道具にしてしまう汚さ、あるいは崇高な理念をこんな卑小な争いにしてしまう人間の哀しさにシニカルな気分になってしまいます。ソヴィエトやロシアに興味がある方、共産主義をはじめとした思想に興味がある方等には興味深く読めると思います。

 

評価 ☆☆☆

2021/04/23

どんな子だって親には宝もの!少年の成長物語(英語)―『WONDER』著:R. J. PALACIO


f:id:gokutubushi55:20210428010957j:image

 上の子が中学2年の終りころ学校(海外)で課題図書になった本。

 当の本人は日本の高校へ進学すると心に決めていたようで無視を決め込み(丁度コロナで自宅学習となりましたが奴はどうやって乗り切ったのだろうか)、代わりに当時小6の妹が読み、絶賛していた作品。

 

 再三娘が勧めるので読んでみました。どうだったかというか、これが本当に面白かった!もう感動で若干涙目! ファミリーもの、日曜劇場系が好きな人には是非お勧めしたい! 英語ですが、単語は意外と簡単です。表現が現代米国英語ですが、どうしても英語にアレルギーがある方はNetflixで映画を!

 

あらすじ

 重度の先天性口蓋裂症の男の子August。形成外科でのいくつもの手術を繰り返し、家で母親が世話をしながら学習も指導していた。そんなAugustが小学5年生を迎えたとき、母は彼を学校に通わせる決心をする。もちろん、学校では多くの「摩擦」が発生するが、Augustは心の成長とともにその「摩擦」を乗り越えて行く。

 

みどころ、というか読みどころ

 まず作品の構成がちょっと変わっています。一人称の話者が入れ替わりながら徐々に物語が進んでいくところです。先ずは主人子のAugust, 次が姉のVia, そして学校でAugustの味方となるSummer, とまあこんな感じです。

 お姉ちゃんのViaのところはちょっとぐっときました。Augustに対する単純なお涙頂戴的な展開ではなく、同じ屋根の下で暮らす家族に本音を語らせるところがいい。姉は良い姉でいなくてはいけない、弟を守ってあげないといけない、だけど自分だって悲しい時も寂しい時もある、でも親には構ってもらえないという、疎外感。

 そんな気持ちは、言ったら「上の子あるある」かもしれませんが、複数の視点を描くことで主人公には見えない別のドラマが生まれるのが面白かった。

 

 あと、話中にグッときた部分。Ms. Brownという先生が毎月格言みたいなのを作るのですが、9月の格言が素敵。

”WHEN GIVEN THE CHOICE BETWEEN BEING RIHGT OR BEING KIND, CHOOSE KIND.”

 どうです?素敵じゃないですか?正しいことと親切であることを選ぶとすれば、親切であることを選びなさい。心に沁みます。

 

英語

 英語は私が想像していた以上に簡単でした。Part1のAugustの部分は本当に辞書とかあまり必要ではありませんでした。単語も文法もプレーン。

 Part2以降はちょっと単語に分からないものも散見されましたが、いわゆる英英辞典が役に立ちました。米系informalな表現が多いので英和よりも英英のほうが探している意味に早くたどり着けた感があります。最近読んでいた英系古典ではまず見ないなあと思った単語は、Jock(n) 運動バカ、Brainiac(n) 天才キャラ、Nerd (n) オタク、とかとか(日本語訳があっているかどうかよくわかりませんが)。

 

おわりに

 結局この話、少年の自己陶冶の成長物語で、最後はハッピーエンドです。水戸黄門的予定調和かもしれませんが、それでも気持ちいい。特にいいのは最後の最後。

 こども。親にとってはどんな子だって奇跡。生まれてきてくれただけで嬉しいし、かけがえのない存在。多少周りと違っていてもそうです。だからこそ、少年Augustは両親にとっての「Wonder」なのです。この題名、とても素敵だと思いました。

 

 お子さんをお持ちの方、ぜひとも読んでみてください。私も、本作を放棄した長男に、今度無理くり読ませてみたいと思います。

 

評価 ☆☆☆☆

2021/04/22

海外オヤジの読書ノート - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村