海外オヤジの読書ノート

中年おじさんによる半歩遅れた読書感想文です。今年は世界史と英語を勉強します!

人生の可能性は一つではない―『ブロードキャスト』著:湊かなえ


f:id:gokutubushi55:20210410183958j:image

 部活。青春の象徴ですね。私もバスケットボールをやったりバンドを組んだり、高校生の時は自分の忙しさに酔いつつ人生を謳歌していました。もう学校に行く意味の8割は部活などの課外活動であったと思います。

 けがや事故がおき、やりたかった部活を断念せざるを得ないなんてのは想像すらできませんでした。もしそんなことが起きたら、、、しばらく立ちなおれなかったと思います。

 

あらすじ

 この主人公は中学時に陸上部で長距離走に打ち込み、あと一歩のところで全国大会出場を逃す。チームのエースが推薦を受けた陸上強豪校である高校に一般入試で合格するも、合格発表の帰りに交通事故に遭い、陸上部は無理であると自認する。

 そんな時に同じ中学の知人が放送部に誘う事から彼の人生が動き出す。

 

明日から仕事がんばろっと

 読後は非常に爽やかな気分になりました。

 ふと思い出したのは、中条あやみさんが以前テレビ番組で『死ぬこと以外はかすり傷』と事あるごとに父親から言われていたという話です。生きてりゃなんとかなる、自分が思っていなかった道もまんざらでもないよ。乱暴に言うと本作のメッセージはそんなポジティブ思考ではないかと思いました。

 

 おっさん臭い野暮なこと言って恐縮ですが、物事が常にうまくいくとは限らないし、その場の空気に流されることで道が開けることや、友人の助けや存在が本当に助けになること、また友人の真剣さや将来への気持ちに学べることだってあるのですな。

 コロナ禍でオンライン学習がノーマルになった感もありますが、学校が『場』として貴重であるのはこうした友人の存在にあるのではないかなあと感じた次第です。

 

 加えて思うのは、上記に挙げたことは、何も学生に限らないなあと。社会人であれ自営業であれ、大人になってもうまくいかないことはある。周囲の助けに救われることもあるし、友人の強い気持ちに俺も頑張らねばと、やる気を巻き直せねばと感じることもあります。

 周りに助けられるという幸運が常に続くとも限りませんが、心の持ちようによって世界の見え方が変わることも確かにあるし、それは人間の強みだと思いました。またそういう強さを子供たちにも持ってほしいなあと感じた次第です。

 

おわりに

 ということで、纏めますと、なかなか良い作品でした。

 この春より高校に進学する息子に合うかなと思って読んでみましたが、大人も読んで前向きになれる作品でした。

 中学生以上のティーン以上を始め、思春期の子供を持つ親、教員関係の方、スポーツ好きの方、文科系の部活に入っていた人等々は読んで面白いと思います。痛快というより爽やかな作品でした。

 

評価 ☆☆☆☆

2021/04/03

海外オヤジの読書ノート - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村